2017年01月15日

【募集中】2/10おむつ外し講座

トイトレーニングに困っていませんか?

いつから始めるの?
冬でも始められる?夏からじゃないの?
どうやって進めたら良いの?
なかなか進まない!
もうすぐ入園なのに!
早くおむつを外したいと思っている方!
おむつなし育児について知りたい方!
保育士など、子育てに関わるみなさま!

いわゆる「一般的なトイレトレーニング」と違う視点からの

「おむつ外し」の講座開催します。


《詳細》

穏やかなおむつ外し 講座
〜排泄コミュニケーション〜
おむつなし育児より

『時』2月10日金曜日 10:10〜12:00頃
・・・・・残席:3

『内容』おむつ外しの講座 + 親子遊び

(親子遊びでは、10分程度の親子のふれあい遊びを予定しています。)

『料金』 1500円
『場所』侘蔵
http://wavikura.com/
みよしイオンから近いです。

講座後、お昼ご飯食べる事も可能です。お弁当等お持ちください。

『対象』
・1歳以降のお子さんがいる方
(1歳前のお子さんがいる方はご相談下さい。)
・保育関係の方
・おむつ外しに興味がある方

※お子さんと一緒に参加できます。
但し、託児はありません。各自で見守って頂きながらの講座になりますので、ご了承下さい。
おもちゃたくさんあります☺︎

『申し込み』
①希望日
②お名前、携帯電話番号
③お子さんのお名前、年齢(○歳○か月)
④こんな話が聞いてみたいなどあれば記入して下さい

以上を記入のうえ、
tomoe0225jp@gmail.com

までお送り下さい。
返信をもって申し込み完了と致します。
3日以内に返信がない場合は、再度送信お願いします。

〈迷惑メールフィルターは解除してください〉

定員になり次第、申し込みは締め切りとさせて頂きます。
よろしくお願いします。

(※胃腸風邪やインフルエンザなどが流行しています。現在、2歳の娘の育児中につき、娘や家族の体調不良により、講座を中止や延期する場合があります。ご了承頂いた上で、申し込みをして頂けると大変助かります。お願いします。)


また質問のみでも大丈夫です。
上記の申し込み用のメールアドレス、
もしくはコメント、メッセージにご記入ください。

※3月以降も開催予定です。
気軽にお問い合わせ下さい。
また、ご自宅などへの出張講座も致します。
上記メールアドレスまでお送り下さい。



  

2017年01月14日

給食の母とスーパー調理員

たまにはおむつ外し以外のことも書いてみます。


岡崎市のげんき館で行われた
『名古屋風手巻きとスペシャルお話会』に参加してきました。


右:給食の母の佐々木十美さん
左:スーパー調理員の伊藤かおりさん


十美さんからのお話で1番心に響いたのが、
『命がけで子どもを産んだのだから、命がけで子どもを育てて欲しい』

失われていく食の質。
子どもには、おいしくて、健康な、安全なご飯を食べて欲しい。

なんでも食べれるから何でも食べさせる
じゃなくて、
おいしいものを、体に必要な物を食べさせる

私も食に気をつけるようになったのはまだまだ最近。
こうしてとか、ここを気をつけてとか、人に言える程完璧ではないので言えません。
でも、子どもの健康を守るのは私達母親ができること。

今までのようじゃなく、
胸を張って、子どもの食事には気をつけてます!と言おうと思う。

健康に育てることが何より母親としての喜びなのかも♡



名古屋市は、小学校の調理室で各々学校の給食を作っています。

かおりさんの子どもへの思いがどっさりと詰まった給食。

※大根は、あおくささが残りやすいから下茹でしてから。
※切り方を変えると舌触りが変わるから、子どもたちがよく食べてくれるの。
※出汁は顆粒ではなく、出汁取りをする。
※煮崩れは許さない。

これぜーんぶ子どもたちのため。
おいしいご飯を食べさせてあげたいから。

もっともっとたくさんあります。
こんな思いでずっと給食を作っています。名古屋の子どもたちは幸せだな♡


なのに、民間委託の話が進んできているそう。
それが子どもたちの為なら、かおりさんも受け入れる。

でも、民間委託をされるって事は、営利目的につながる。
ってことは、質が落ちる。
どんな肉?野菜?
添加物山盛りの加工食品を使う?



子どもたちの給食はどうなっていくのでしょうか。
民間委託されないようにと、反対の署名を書きました。

かおりさん達、調理員さんが作るおいしい給食を残して欲しいです。


この会に参加して、お母さん達の意識が高いし、行動に移しているのがすごい!
『岡崎の給食を守る会』を作った方
今回のこの会を開催した方
市議会議員を呼んだ方

たくさんの力が加わっています。
お母さん達すごい!

知らなければ過ぎた話かもしれない。
でも、知っちゃったし笑
でも、自分が気になったことだし。

さて、豊田市の給食
気になる気になる。
誰かに任せず動いてみることにします。  

Posted by tomoe25y at 22:12コメントをする・見る(0)

2017年01月13日

【開催レポ】1/13おむつ外し講座

ブログの更新が空きました。
今年もよろしくお願いします。


1/13
おむつ外し講座、開催しました。

6名の方に参加していただきました。


《ご感想》

*今しかできない、今だからできる排泄コミュニケーションを尊く思いました。大切にしたいと思います。

*具体的に何から始めていいか分かったので、いいきっかけになりました。できる事から始めたいと思った。

*なかなかトイトレを進めることができずにいたのですが、また始めていきたいと思います。のんびりゆっくり交流しながら私自身も楽しんで取り組んでいきたいです。

*紙おむつに頼らず、布おむつもまた取り入れてみようかなと思えました。

*おむつなし育児の言葉だけ聞いて気になっていたので、話が聞けて、新生児から試すのが楽しみになりました。




今回、4ヶ月の2人目のお子さんがいらっしゃる方、妊娠9ヶ月の方にも、参加して頂きました。

講座の内容は主に1歳からとなっていますが、0歳のおむつなし育児についても少しお話をさせて頂きました。



質問にあったのが、
トイレを嫌がること、補助便座を嫌がること、でした。
どうやって誘えばいいのか?

うんうん。ここが難しいところ。

体からおしっこやうんちがでることをもう分かっている段階に来たら、あとはトイレやオマルに座ることを伝えていきます。

おしっこをパンツでした時、
「気持ち良かったね〜、次はトイレでするともっと気持ちいいよ!」
と伝える。

そしてある時、トイレに連れて行く。

それでも嫌がるなら無理強いしない

ここが大切。
無理強いしない!
イヤならやめよう。
好きな所でおしっこしてもいいよと。


お風呂で立っておしっこすることが多いんだけど…と。

いいんです。それで。
おむつ外しはトイレでおしっこをすることを目的にはしていません。

おむつの中以外でおしっこ、うんちをする気持ち良さを親子で一緒に感じてもらうことが大切です。

それを感じながら、トイレに時々連れて行く。
嫌がるならまた次の時。
毎回じゃなくてちょっと時間を空けて。


それを続けていくと、いずれトイレでおしっこする日がきます。

子どもを信じて、寄り添っておむつ外しをして欲しいと思います。


講座の最後には、排泄コミュニケーションについてもお話しています。

おむつ外しをすることによって、子どもに寄り添い、子どもに目を向け、
その安心感をお子さんが感じて、親子の愛着関係を築いていくことができます。

おむつ外し中での子どもへの声のかけ方、見通しをもった言葉がけなど、保育士としての経験からのお話もさせて頂きます。


おむつ外ししませんか?
『2/10』開催します。
募集については後日また書きます。  

2016年12月28日

トイレで!きばる。

トイレできばる!きばった!!


出た!



娘2歳1ヶ月。

とうとう♡
トイレでうんち出ました☺︎


ヤッター♡


前の記事にも何回も書いたけど、


基本、排泄は立ちしょん。立ちうんち。


そこから日が経ち…


オマルでおしっこ。立ちうんち。


トイレでおしっこ。立ちうんち。


トイレでおしっこ。トイレでうんち!



お友達の家に遊びに行ってる時、


あ、何かうんちしたそうだなー(直感)

おっ、これは出るぞ。

でもいつもの立ちうんちのオマルがない!

まぁいーや、
とりあえずトイレに座らせちゃえ!!


おー!
ちゃんと座ってきばってる!


とってもステキなうんち1本。
いいうんちー♡


娘も「おっきい!」と☺︎

すっきりしたね♡気持ちいいね♡


娘もスッキリ、満足そうな表情♡

お尻も汚れないし気持ちいいね♡



それ以来、なんだか自信がついたのかな?

おしっこ行くのもすんなりトイレに行くし

あ!おしっこ出てるかも!?

と思って


「ちょっと待って〜トイレまでガマンして〜」
って言うと、ちゃんとガマンしてトイレでジャーっと勢いよくおしっこ!


何気ないきっかけで
(今回はオマルがなかったこと)
娘なりに一歩前へ進んでるんだなぁ☺︎


トイレでトイレでおしっこしてよー!!

って思わずに、


まっ、そのうちトイレで出来ればいっか!

って思うととっってもラクチンです♡
少しずつかもしれないけど、前進していきます!


今日、1日トイレでおしっこできたよ☺︎エッヘン


今年もあと少しになりました。

講座に参加してくださった皆様、
ありがとうございました。

ブログを見てくださった皆様、
ありがとうございました。

良いお年をお迎えください。

来年もよろしくお願いいたします。
  

2016年12月22日

娘のおむつ外し

こんにちは。

おむつなし育児アドバイザーのともです


最近の娘のおむつ外しの様子です。


寒くなってきた頃に比べて、排尿間隔が長くなりました。

寒くなってきた頃、
あれ?おむつ外し始めた頃と同じぐらいの排尿間隔??
と思うぐらいの、おもらし!


おもらしで洗濯増えようが、部屋が汚れようが、何とも思いません。

でも!
このおしっこの回数の原因は何!?
こっちの方が気になる。


娘の場合、寒いことはもちろんでしたが、
なぜかチョロッとおもらしが多々あり。

たぶん、たぶんだけど
娘なりに我慢はしたんだと思う…
漏れちゃったみたいな。

あとは、夏や秋よりも汗をかかなくなったけど、水分摂取量は変わらなかったから。
娘はよくお茶を飲むんです。


原因はこれぐらい。と思っています。
もしかしたら、心理的な部分もあったかもしれませんが。
夫婦げんかが理由だったり…して。反省


最近の娘は、
やっぱり水分摂取量によりますが
30分空いたり
2時間空いたり、いろいろ。


あ、したそうだなぁとサインを見逃さないとほぼおもらしなしでトイレで排尿しています。

最近の嬉しかった変化は、

我が家以外のトイレは拒否だったのが、

補助便座が魅力的な形♡笑

だったり、

やり手水だったらトイレにおしっこできたり。

やり手水は昔ながらのおしっこシーシーのさせ方です。

おむつなし育児研究所おむつなし育児アドバイザー養成テキストより抜粋


外のトイレ拒否

長かったぁ…
でも、どの子もみんなそうなるわけではないので。娘の場合です。

大荷物を持ち歩いてたけど、少し荷物が減るかな…

でも、これを当たり前にしないこと。
いつかまた外のトイレ拒否が、訪れるかもしれない。

その時は…どんと来い!!
母ちゃんはどんなあなたの姿も受け入れるわよ♡

腹を据えて
おむつ外しを始めると
どんな事にも向き合える



これからの育児にも
その向き合う姿勢を持とうとすることが
自分の育児の自信になる

私も自信をつけながら今後も穏やかにおむつ外し、子育てをしていきたいと思います。
  

2016年12月18日

お父さんの協力

おむつなし育児アドバイザーのともです。

おむつ外しについて講座をしています。



前回の講座の中で話題になったこと。

『父親の理解』です。


おむつ外しを始めると

部屋が汚れることあります。

おもらししてパンツビチョビチョになったりします。


それをお父さんが理解してくれるかどうか。

汚れるからやめろ。

おーい。おもらししたぞ。

いいじゃん。紙おむつ履かせておけば。


と、なるかもしれないと。


んー
どうやったらお父さんの理解を得るか。


難しい問題です。


私もハッキリこうすればいいとか
こう話せばいいと言えない

けど

まず、
おむつ外しを始めたら


外ですると気持ちいいね〜

スッキリしたね〜

お尻ツルツル♡


ってお父さんに聞こえるように話す。笑


まずは
お母さんが
『子どものためにおむつを外す』
ということを理解し、
納得して、取り組むということ。


それを根気良くお父さんに伝えていく。

『根気よく』
『子どものために』



育メンって言葉が流行中。

本来は育メンって言葉が流行るより、
自然とお父さんが育児に協力できるようになるといいですよね


どうやってお母さんが伝えていくか。

もう!やってよ!!

だと、イライラして子どもにも伝わってしまうので

やっぱり
子どものためにしていることは
こんなにも素敵な事なんだと
こんなにも自然な事なんだと

伝えられるといいなぁと思います。




1/13
穏やかなおむつ外し
〜排泄コミュニケーション〜
おむつなし育児より

募集中です。
詳しくは
1/13おむつ外しの講座について
をご覧ください。  

2016年12月14日

【満席】1/13おむつ外しの講座

トイトレーニングに困っていませんか?

いつから始めるの?
冬でも始められる?夏からじゃないの?
どうやって進めたら良いの?
なかなか進まない!
早くおむつ外したいと思っている方!
おむつなし育児について知りたい方!

いわゆる「一般的なトイレトレーニング」と違う視点からの

「おむつ外し」の講座始めます。


《詳細》

穏やかなおむつ外し 講座
〜排泄コミュニケーション〜
おむつなし育児より

『時』1月13日金曜日 10:10〜12:00頃

『内容』おむつ外しの講座 + 親子遊び

(親子遊びでは、15分程度の親子のふれあい遊びを予定しています。)

『料金』 1500円
『場所』侘蔵
http://wavikura.com/
みよしイオンから近いです。

講座後、お昼ご飯食べる事も可能です。お弁当お持ちください。

『対象』
・1歳以降のお子さんがいる方
(1歳前のお子さんがいる方はご相談下さい。)
・保育関係の方
・おむつ外しに興味がある方

※お子さんと一緒に参加できます。
但し、託児はありません。各自で見守って頂きながらの講座になりますので、ご了承下さい。
おもちゃたくさんあります☺︎トイレもあります。

『申し込み』
①希望日
②お名前、携帯電話番号
③お子さんのお名前、年齢(○歳○か月)
④こんな話が聞いてみたいなどあれば記入して下さい

以上を記入のうえ、
tomoe0225jp@gmail.com

までお送り下さい。
返信をもって申し込み完了と致します。
3日以内に返信がない場合は、再度送信お願いします。

〈迷惑メールフィルターは解除してください〉

定員になり次第、申し込みは締め切りとさせて頂きます。
よろしくお願いします。

(※冬は胃腸風邪やインフルエンザなどが流行します。現在、2歳の娘の育児中につき、娘や家族の体調不良により、講座を中止や延期する場合があります。ご了承頂いた上で、申し込みをして頂けると大変助かります。お願いします。)


また質問のみでも大丈夫です。
上記の申し込み用のメールアドレス、
もしくはコメント、メッセージ、にご記入ください。

※2月以降も開催予定です。
気軽にお問い合わせ下さい。
また、ご自宅などへの出張講座もします。
上記メールアドレスまでお問い合わせ下さい。



  

2016年12月13日

【開催レポ】12/9おむつ外しの講座

12/9
穏やかなおむつ外し
〜排泄コミュニケーション〜
おむつなし育児より

開催しました。


4名のお母さん、1名のお父さんが参加して下さいました。

質問もたくさんして頂き、ワイワイと和やかな雰囲気で進められたかなと思います。
参加してくださった皆さま、ありがとうございました!


参加してくださった方の感想

*おむつなし育児に関心はあったもののうまくいかずに中断していました。この機会にまた少しずつ始めてみようと思います。

*もっと早く知っておきたかった。(6歳のお兄ちゃんの時からやりたかった)
今からできることがたくさんあるので、できることからやっていきたいと思いました。

*早速、綿パンツとバケツを買いに行きたいと思います。

*子どもにとっておむつが不快な物だとは思いもしませんでした。

*自分の手間や、掃除、洗濯などが億劫でなかなか挑戦できずにいました。やっぱり度胸と覚悟が大事と聞き、それができるか不安…。でも、改めて話を聞いてみてやれることからやってみようと思いました。




みなさんとても積極的に意見や質問をして頂き、私もとても勉強になりました。

きっとお母さんたちが望んでいることは、
子どもが笑って過ごせること。気持ちよく過ごすこと。
お互いに笑顔で過ごすこと。


おむつ外しは確かに、度胸と覚悟が必要です。
子どものために、子どもの笑顔のために、
よしっ!やってやるぞ!と思う気持ちさえあれば、おむつ外しはできます。


紙おむつ体験をしてもらうと、不快感にビックリします。
なるべく紙おむつに頼りすぎないようにする、まめに替えてあげよう、外してあげよう。とお話されているのを聞くと嬉しく思います。

やっぱりお母さん達は、子どもが気持ちよく過ごすことを願っているんだなって。

そんな気持ちになれるようなお話をさせて頂きます。
また、言葉がけの仕方、おまるやトイレへの促し方、
保育士の経験を踏まえながら、これからの育児にもつながるような子どもへの接し方をお伝えします。

おむつ外ししませんか?

1/13の講座
募集開始します。
詳しくはまた書きます。  

2016年12月05日

紙おむつ体験

おむつ外しの講座の中で、

紙おむつ体験
をして頂きました。

紙おむつ、じっくり触ったことありますか?
特に内側はあんまり触ってはいけないような気がして(衛生的に)
あんまり触ったことないんじゃないかと思います。


初めに、
紙おむつをいっぱい触ってもらったり、
息を吹きかけてもらって、肌触りはどうか、通気性はどうか、感じてもらいます。

次に、
人の体温ぐらいのお湯を紙おむつに流してもらい、
その上で肌触りを感じてもらいます。

感想
・思ったよりサラサラ
・そんなに不快感はない
・お湯を流しても変化はあまりない



次は、
その紙おむつを腕に密着するように付けてもらい、15分程体感してもらいます。

感想
・生暖かい。でも、段々冷たくなるような感じがする。
・腕だからまだいいけど、本当に履いてたらイヤかも。
・お湯を流してから手で触った時はサラサラだと感じたけど、腕につけていると、ジメッとした感じがする。



15分経過後、紙おむつを外し、
その肌触り、通気性を感じてもらいます。

また、再度紙おむつに2回目のお湯を流して、その吸収率の違い、肌触りを感じてもらいます。

感想
・紙おむつを付けていた腕が少しかゆい
・1回目に比べると2回目の吸収率がすごく悪い。
・でも、これぐらい紙おむつが膨らまないと新しいのに交換していないかも。
・徐々に冷たくなる感じがするのでこれをずっと履いていたら冷えてくるかなぁ。




紙おむつを履くことを否定はしません。

でも、
・こまめに替えてあげる。
・家では紙おむつをやめてパンツで過ごさせてあげる

と、お子さんも清々しく過ごせるんじゃないかなぁ☺︎と。


おむつに頼りすぎない子育てしませんか


穏やかなおむつ外し
〜排泄コミュニケーション〜
おむつなし育児より

1月以降も、毎月第2金曜日に開催予定しています。
お問い合わせ、ご質問は、
tomoe0225jp@gmail.com
まで、お願いします。




  

2016年12月01日

外のトイレ事情

娘。2歳1ヶ月。


ある日を境に、家以外の外のトイレ、全部拒否。他人の家のトイレも拒否。

何ヶ月続いたのかなぁ。

お出かけする時は、オマルの中身を持って行き、それにおしっこする。

これ↓


の中の

これ↓



ちょっと前から変化が。

子ども用のトイレはたまに座るようになり…


つい2週間ほど前

「○○のトイレでしたよ〜」って主人からの報告。

お?ほんと??

どうやら、他人の家のトイレは大丈夫みたい。
(スーパーのトイレはまだダメ)

今度はばぁばから。

「○○のトイレでしたよ〜」

おお!すごい!!


先日お友達の家に遊びに行った時。

初めて見る形の補助便座に興味津々。

座る?と聞くと

自分で補助便座を乗せて、座ろうとする。

おしっこシー!

お見事!!!


お出かけにおまるの中身持参がずーっと続き、

いつか終わりがくるとは分かってはいたものの

荷物の重さが辛い時も。


でも、根気よく、続けてきてよかった。

お出かけだから、おむつでおしっこしてね。

ではなくて、できるだけ外でおしっこできるようにするからね。

っていう気持ちを持つ事が大切かな。


子どもは手をかけた分、答えてくれる。

絶対に裏切らない。



子どもの気持ちに寄り添って
おむつ外ししませんか。